目立たない矯正装置

目立たない矯正装置

・人と接する機会が多いので装置が目立つのは困る
・口を開けた時に、ワイヤーが目立たない装置を使いたい
・取り外しができる装置を使いたい

これまでの矯正装置はメタルワイヤーを使ったブラケット装置が主流でした。最近では審美性の高い目立たない矯正装置が主流です。当院ではクリアブラケット(審美ブラケット)をメインにした、目立たない矯正装置をご提案しています。患者様のご要望によっては、裏側装置やマウスピース装置にも対応し、ご要望を伺いながら最適な装置をお選びいただけます。目立たない矯正装置で快適な矯正ライフをお過ごしください。

当院が表側装置をおすすめする理由

当院が表側装置をおすすめする理由当院では目立たないクリアブラケット(表側装置)や、見えない裏側装置(リンガル)、透明なマウスピース装置をご用意しています。それぞれに特徴がありますが、効率よく歯を動かすにはクリアブラケットが最適だと考えています。

【理由1】ワイヤーの微調整が可能!
ワイヤー矯正は、ワイヤーの弾力を利用してした矯正方法で、歯に力が伝わりやすく非常に高い矯正力が働きます。ブラケット(矯正装置)は、歯にアーチを描くようにワイヤーを張りますが、表側と内側の長さを比べると表側の方が長くなります。ワイヤーは、距離の長い方が調整力が働いて微調整しやすくなり、歯が動きやすくなります。そうした理由から、当院ではクリアブラケット(表側装置)をおすすめしています。

【理由2】あらゆる症例に対応できる
ズレやネジレが大きい場合、リンガル装置(裏側装置)やマウスピース装置では対応が難しい場合があります。特にマウスピース装置は対応できる症例に限りがあり、複雑な症例には適していません。表側装置は症例を選びません。ワイヤーのかけ方を工夫することであらゆる症例に対応でき、より精度の高い治療が可能です。

【理由3】裏側装置に比べて治療期間が短い
表側装置の一般的な治療期間は、2年から3年かかります。これに対して裏側装置の場合は、歯の動きが比較的ゆっくりになり、治療期間も長くなります。それに伴い通院回数も増えるので、表側装置に比べると治療費負担が大きくなります。表側装置により、治療期間や費用を抑えることができるのです。

当院の目立たない矯正装置

【表側装置】「InVu(インビュー)」目立たない矯正装置
目立ちにくい表側装置には、プラスチック製やセラミック製などがあります。その中でももっとも審美性の高いブラケットが「InVu」です。「InVu」はセラミック製のブラケットで、歯に近い自然な色合いがあり、装着していてもほとんど目立ちません。豊富なカラーバリエーションがあり、歯の色に合わせて選ぶことができます。

【ワイヤー】ホワイトワイヤー
より審美性を求める方にはInVu+ホワイトワイヤーの組み合わせが最適です。ホワイトワイヤーは、表面をホワイトコーティングした高品質のワイヤーで、エステティックワイヤーとも言われています。自然な白さがあり歯に馴染みやすく、違和感がありません。審美ブラケット「InVu」と一緒に使用することで、より目立たない矯正が可能です。また、穏やかな力で歯を動かすので、治療中の痛みが軽減されます。

【裏側装置】リンガルブラケット目立たない矯正装置
歯の裏側に装着する矯正装置で、裏側矯正装置(舌側矯正装置)ともいいます。歯の裏側にブラケットを装着してワイヤーを張り、歯を動かしていきます。表側に装置が全く現れないので、誰にも気づかれずに矯正できます。また、装置で唇の裏側や頬の粘膜などに触れたり、傷付けたりすることがありません。表側矯正に比べると、ワイヤーの調整が難しく治療期間が長くなります。

※裏側矯正の場合、歯の状態によっては治療が難しく、表側装置をご提案する場合もあります。

【表側+裏側】ハーフリンガル
表側矯正と裏側矯正を組み合わせた矯正法です。下の歯は口を開けた時に唇で隠れてしまうため、表側装置を付けてもほとんど目立ちません。そこで、上の歯だけに裏側から装着するリンガル装置を使い、下の歯には表側装置を装着します。リンガル装置に比べると治療費用を抑えることができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております