ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

まずは歯の色が変色する3つの原因について
歯の表面の汚れ1.歯の表面の汚れ
茶渋やヤニ、その他着色性の強いもの(赤ワイン、醤油、コーヒー、コーラ、カレーなど)が歯の表面に付着して歯の色を変色させている場合がこれに該当します。毎日丁寧に時間をかけてハミガキをすれば、このような着色は防げますが、磨き残しにより頑固にこびり付いてくると、なかなかハミガキだけでは汚れを落とすことはできません。

また、口呼吸の人は、歯の表面が汚れやすくなります。歯の表面の汚れは、クリーニングを行えば、その人本来の歯の色まで白くすることができます。

加齢・遺伝2.加齢・遺伝
どんな人でも年齢を重ねるにつれて歯が黄ばんでくるのは、象牙質の厚みが増し、黄褐色がつよくなるためなので、当たり前!加齢による変色は、ホワイトニングがもっとも得意とするところ。

また、髪の毛や肌の色が、人それぞれ異なるように遺伝的に歯の色が黄色っぽい方がいます。

そこで、本来の歯の色よりも白く輝く歯を手に入れたい美白歯の方におすすめなのが、歯のホワイトニングです。

3.歯の内部構造が原因
歯が病気や外傷、薬剤の副作用によって変色しているケースです。
下記のようなケースがあげられ、これらはホワイトニングで完全に白くすることは困難です。

【1】テトラサイクリン
・・・・母親が妊娠中や子供の時にテトラサイクリンという抗生物質を服用すると、歯が生え揃う時に、縞模様状態で着色したり、全体的に茶色やグレーの強い着色が出ることがあります。軽度のものはホワイトニングでも色調を改善できます。

【2】エナメル質形成不全症・象牙質形成
・・・・歯の成長過程で歯の組織がしっかりとできあがらなかった場合で、歯にくぼんだ部分があったり色が茶色く変色しています。

【3】フッ素沈着症
・・・・歯の形成過程中に、フッ素を規定量から大幅に上回って摂取すると、歯に斑点模様が出ることがあります。

【4】神経の無い歯、歯をぶつけるなどして外傷がある場合
・・・・ホワイトニングでも多少白くすることはできますが、神経が健康な歯に比べるとホワイトニング効果は劣ります。

ホワイトニングとは
ホワイトニングとは【1】ホワイトニングは、歯科医院で受ける「歯を白くする」方法
ホワイトニングは歯を削らず、歯本来の白さに改善する方法です。

【2】ホワイトニングとクリーニングは違います
「ホワイトニング」とは専用の薬剤を歯に塗り、歯そのものの色を白くする方法です長い間取りきれなかった汚れが、歯の色そのものを変色させてしまい、クリーニングをしてもくすんだ状態の方に。
「クリーニング」とは、むし歯や歯周病予防のため、歯の表面についた食べ物の色や汚れや歯垢や歯石を、専用の器具を使って取り除くことです。

【3】ホワイトニングの支払いに、健康保険は使えません
ホワイトニングは病気を治す治療ではなく、歯を白くする目的なため健康保険は使えません。

【4】ホワイトニングにはメインテナンスが必要です
ホワイトニングは一生、その白さが続く施術ではありません。歯は時間が経つにつれて、再び毎日の飲食によって着色します。白さを保つためには、定期的に歯科医院でメインテナンスをするのが良いでしょう。

【5】ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります

このような方におすすめ

どういう原理で歯を白くするの?
白くなるメカニズム1白くなるメカニズム(1)
ホワイトニング剤に主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素は一定温度になると、酸素と水に分解します。
この分解時に発する酸素が、歯の着色物を無色透明に分解します。

白くなるメカニズム2白くなるメカニズム(2)
エナメル質の色素が無色透明になっただけでは歯は白く見えません。なぜならば、エナメル質の「色は白色ではなく、半透明で下層にある象牙質の色は黄色みがかっているため、エナメル質の色素を無色透明にしても、黄色い象牙質の色が透けて見えることになるので、歯は白く見えないのです。

歯を白く見せるためには、曇りガラスのようなマスキング効果が必要です。エナメル質は無数のエナメル小柱が束になってできています。ホワイトニング剤から発生した酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱から弾に変化させる作用があります。球状となったエナメル小柱表面に光が乱反射して、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることができ、歯が白く見えるわけです。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニングの特徴
【お客様の歯に合った専用トレ―(マウスピース)を医院で作成し、ご家庭で、歯に装着する方法】
*トレ―を歯に装着し、一日2時間、2週間続けると効果が現れます

専用トレー特徴
やる気と根気があれば、理想的な白さに!ぬるいお風呂は、体が温まるのに時間がかかりますが、長時間体はポッカポカ。ホームホワイトニングは、濃度の低い薬剤を使うため、白くなるのに時間はかかりますが、薬が深く浸透するため、白さの限界点が広がり白さも長時間保持できます。

メリットデメリット

オフィスホワイトニングの特徴
【歯の表面にホワイトニング効果のある薬剤を塗り、光を照射して白くする医院で行う方法】
*一回の来院時に15分×3回続けてホワイトニング剤を作用させることができます

オフィスホワイトニング特徴
忙しいあなたにおすすめです。熱いお風呂は、すぐに体が温まる反面、湯冷めが早いのが特徴です。オフィスホワイトニングは、濃度の高い薬剤を使うため、短時間で白くなりますが、薬があまり深く浸透せずに、色の後戻りが早いという性質を有しています。

メリットデメリット

*オフィスホワイトニングのメインテナンスとしてホームホワイトニングしたり、ホームホワイトニングでムラができてしまった部分だけをオフィスホワイトニングでフォローするなど、両方を組み合わせて使うこともOK。

ホームホワイトニングの流れ

step1予約step2カウンセリングstep3色調の記録step4お口の型取りstep5ホワイトニング用トレー作成step6クリーニングstep7ホワイトニング用トレーに試適step8ホームホワイトニング開始

step1. 予約
まずは、ホワイトニング相談(カウンセリング)のご予約をお取り下さい。
0120-713-418

step2. カウンセリング
カウンセリングの様子1問診票にご記入おねがいいたします。

カウンセリングの様子2まずはカウンセリング。お口の中を拝見したうえで、その方にとってベストな方法を、ご本人の希望をふまえ提案いたします。気になることや心配なことは何でもお尋ねください。

step3. 色調の記録
色調の記録試し塗りをして、理想の色をチェック
ホワイトニングを始める前に、色調の記録のために口腔内の写真撮影を行います。初診時の記録は、ホワイトニングをしてからの状態と比較するため、重要な資料となります。

step4. お口の型取り
歯のクリーニングお口の中の型どりを行います。模型を作成し、その方にピッタリ適合する、オーダーメードのホワイトニング用トレーを作成します。

step5. ホワイトニング用トレー作成
ホワイトニング用トレー作成した模型とホワイトニング用トレーです。矯正歯科サンクチュアリでは、即日ホワイトニングトレーをお渡しすることができます。

step6. クリーニング

step7. ホワイトニング用トレーの試適
ホワイトニング用トレーの試適ホワイトニングトレーをお渡しする際、お口のプロフェッシナルクリーニングを行います。これで歯の表面はまっさらの状態になり、ホワイトニングの効果も出やすくなります。

step8. ホームホワイトニング開始
ホームホワイトニング1ここからは、自宅でご自分で行います。
ホワイトニングトレ―に、ホワイトニング専用のジェルを注入します。
目安は歯1本につき米粒1個ほどです。
*ジェルは、使用後きちんとふたをして冷暗所で保管してください。

ホームホワイトニング2お口に装着してホワイトニング開始♪はめていることは他の人には気付かれず、お仕事中でも、ホームホワイトニングを行うことができます。
*トレーをはめている時は飲食はできません。

ホームホワイトニング32時間たったらホワイトニングトレ―をはずし、トレーの内側についているジェルを流水下でハブラシを用いて洗いましょう。

これを毎日一日2時間、2週間ほどで効果が現れてきます。

オフィスホワイトニングの流れ

step1予約step2カウンセリングstep3色調の記録step4クリーニングstep5オフィスホワイトニング3回step6表面のコートstep7色調の記録

step1. 予約
まずは、ホワイトニング相談(カウンセリング)のご予約をお取り下さい。
0120-713-418

step2. カウンセリング
問診表にご記入をお願い致します。

お口の中をチェックして、口腔内の状態を観察します。
患者様それぞれの、むし歯や歯の亀裂の状態、しみる可能性や、詰め物や被せ物の治療を受けた部分を確認してから、ホワイトニングを行います。

step3. 色調の記録
ホワイトニングを始める前に、色調の記録のために口腔内の写真撮影を行います。初診時の記録は、ホワイトニングをしてからの状態と比較するため、重要な資料となります。

step4. クリーニング
クリーニング回転するブラシと専用のペーストを用いてクリーニング。表面の汚れを取り除きます。表面の着色が多い人は、これだけでも歯の色が白くなったことを実感できます。

step5. オフィスホワイトニング3回
オフィスホワイトニング1オフィスホワイトニング2オフィスホワイトニング3

使用するホワイトニングの薬剤です。過酸化水素のジェルを使用します。
施術の直前にホワイトニングの薬剤を配合します。
唇、歯ぐきなど、皮膚や粘膜に薬剤がつかないように守るガードを装着し、一本一本、黄ばみが強いところから塗布し徐々に広げていきます。

オフィスホワイトニング4先の細い筆を使って、注意深く塗り広げながら薬剤の反応を促進させます。
オフィスホワイトニング510分~15分経過したら、薬剤を除去し、良く水洗いします。

この工程を3回繰り返します。

step6. 表面のコート
表面のコート次に仕上げとしてエナメル質の主成分、ハイドロキシアパタイトを使って表面の艶出しコートを行います。

シリコンカップにアパタイトペーストをたっぷりとり、回転させる器具を用いて歯の成分を補強し歯のトリートメントを行います。

step7. 色調の記録
色調の記録再び写真撮影をして、施術前後の色の変化を記録します。

→ホワイトニング症例はこちら

*歯のホワイトニングをした直後は歯の表面の唾液由来のタンパク質の膜=バイオフィルムがキレイに取り除かれ、大変再着色しやすい状態になっています。
もちろん、当医院ではホワイトニング後は再石灰化に必要な、リンやカルシウムなどのミネラルが含まれたペーストやフッ素でコートして帰っていただいてます。
しかし、オフィスホワイトニングをしてから24時間は、再着色を引き起こすものは避けていただくのがベストです。

避けるもの

全部避けるのは難しいと思いますし、何もかも我慢しすぎてストレスになるよりは、何か口にした後はすぐにうがいや歯磨きをするか、歯科医院でクリーニングをまめに受ける用に心がけたりしてみてください。

ホワイトコートとは

マニキュア感覚でお手軽デンタルコスメ ・ ・ ・

ホワイトコートは歯の色を白くコーティングすることを言います。
爪に色を塗るマニキュアと同じで、歯の表面に白いプラスティック剤を薄くコートするように塗ります。
歯のマニキュア」とも呼ばれています。

マニキュアというわけであってもちろんはがれてしまいます。はっきりとした効果が持続するのは1ヶ月程度、状況によっては2~3ヶ月持続する場合もあります。

カラーのタイプは、ナチュラルから真っ白までお好みの白さに出来ます。ホワイトコートをはがしても歯面のエナメル質は塗布前と同じ状態です。

はがれてきたら、歯科医院できちんとはがしてもらう必要があります。

ホワイトコートを歯に直接塗り、紫外線を含まない光で固めます。ホワイトコートに用いる材質は、むし歯治療に使われるものと同じ材質だから安心です。歯を削らずに白くできる方法にホワイトニングと呼ばれるものがありますが、これは元の歯の色等に左右され、思うように白くできない場合もあります。
もともとの歯の色が隠れてしまうため、自分の好きな白さにすることが可能です。

1回でできるので、急なイベントなどで白い歯をすぐに手に入れたい場合などにもおすすめです。
歯を削らずに、即日、憧れの白い歯を手軽に手に入れることができます。

手軽に歯を白くするホワイトニングの方法の一つです。

メリットデメリット
このような方におすすめ
結婚式白い歯1
白い歯2

ホワイトコートの流れ

step1予約step2カウンセリングstep3色調の確認step4歯のクリーニングstep5下地処理step6ホワイトコート塗布step7光照射step8トップコート塗布

step1. 予約
まずは、ホワイトニング相談(カウンセリング)のご予約をお取り下さい。
0120-713-418

step2. カウンセリング
カウンセリングの様子どこの場所をどのように白くしたいかご要望を伺います。ホワイトコートの疑問など、お気軽にご相談ください。ホワイトコートについて十分ご説明し、ご理解いただいてから施術に入ります。

step3. 色調の確認
色調の確認試し塗りをして、理想の色をチェック
ホワイトコートは白さの色調により8段階の中から選択していただきます。患者様が選ばれたホワイトコートの色調を、試しに歯に塗布して、実際にお口の中での見え方を確認していただきます。歯の白さが違うと、印象が変わることにきっと驚かれるはずです。迷われている場合も複数の色を同時に試し塗りすることで、ご希望の色を選択しやすくなります。理想の白さを見つけて下さい。人気があるのはクリスタルやミルキー。自然な色を好まれる方が多くいらっしゃいます。

step4. 歯のクリーニング
歯のクリーニング歯面研磨・乾燥表面についているヤニ・着色・茶渋をきれいに落とします。汚れの状態に応じて、数種類の研磨剤を使い分けます。表面を整えることで、ホワイトコートのはがれを防ぎ、持ちをよくします。もちろん、のせる色の発色もアップします。

step5. 下地処理
プライマー(専用の下地処理接着剤)を塗布→乾燥
ホワイトコートを塗る前に、歯面にホワイトコートがなじみやすいように、下地処理接着剤(プライマー)を塗布します。
プライマーを塗布し、20秒間放置後エアーで乾燥させます。

step6. ホワイトコート塗布
ご希望の歯の色に応じたホワイトコートを歯に塗布します
まずベースコート塗り、次にホワイトコートを均一になるように歯面に丁寧に塗っていきます。歯の薄さ、状態に合わせて、器具やブラシを使い分けます。ムラのないように仕上げていきます。

step7. 光照射
安全な光(可視光線)で色をしっかり固めていく
そのあと、光照射し、硬化させます。紫外線を含まない安全な光で1本20秒ほど照射します。歯の色に塗ったホワイトコートが固まり、つるっとした白い歯に変わっていきます。歯の表面のつるっとした感は、感じたことのない感覚です。癖になる方も多く、繰り返してホワイトコートの施術を受けられています。
治療期間は、歯並びの状態や歯の動く早さなどによって個人差がありますが、約2年~3年です。治療の進行状況は、治療経過写真などを利用しながら治療が順調に進んでいるかチェックします。

step8. トップコート塗布
白さに輝きをプラスするトップコートを塗る
表面に残った余分な液をふきとる、マットな白さが際立ちます。ここにトップコートをベースコートを覆うように薄く均一に塗り、もう一度光を照射をして、硬化させます。これで歯にツヤが出て、輝きを与え保護します。飲食物からの汚れの付着、黄ばみを防いで、カラーをキレイに保ちます。白さと輝きに充ちた口元の誕生です。

歯のクリーニング*ホワイトコートのbefore , afterの写真を資料として撮らせて頂いております。

写真に写すとより、歯の白さが実感できると思います。
今後の参考資料などのために写真を撮らせて頂きます。
(歯の部分のみなので、お顔は入りません)

ホワイトコートの症例はこちら

ホワイトニングの症例

ホームホワイトニング症例
ホームホワイトニング症例
オフィスホワイトニング症例
オフィスホワイトニング症例
ホワイトコート症例
ホワイトコート症例

ホワイトニング症例をもっと見る

ホワイトニング Q&A

Q1. 市販の歯磨き粉で歯を白くすることはできないの?
A1. ほとんどの歯磨き粉には、研磨剤が入っていますから、歯の表面の汚れを落としたり、ホワイトニングで白くなった歯の維持には、役立ちますが、「白くする」という効果は期待できません。決定的なホワイトニング効果を持つ薬剤は「過酸化水素」および「過酸化尿素」の2種類しかありません。これらの薬剤の市販は、薬事法で禁じられており、歯科医院でしか扱えません。

Q2. ホワトニングは歯にダメージはないの?
A2. ホワイトニングの安全性は、様々な大学や研究機関の発表により、「歯にダメージを与えない方法」として確立されています。
ホワイトニング剤の主成分は「過酸化水素」、または「過酸化尿素」であり、米国食品医薬品局(FDA)成分の安全性を保障しています。他の副成分も食品添加物や化粧品の許可番号を得たものなど、安全な原材料を使用しています。また、これまでホワイトニングが先行しているアメリカで、数千人が体験していますが、事故報告は1件もありません。

Q3. ホームホワイトニングのジェルを飲んでしまっても大丈夫?
A3. 「過酸化尿素」主体のホームホワイトニングのジェルの濃度は、3%の過酸化水素(オキシドールと同じ成分)に置き換えられています。オキシドールは、副作用や毒性がないことから長年、口の中の洗浄や殺菌に使用されており人体に対する安全が確立されています。

Q4. ホワイトニング後の飲食に気をつける必要はある?
A4. ホワイトニングしたその日くらいは、色素の強い食べ物を避けたほうが良いでしょう。

Q5. せっかくホワイトニングで白くしたのに、数か月で色が後戻りする。どうして?
A5. 後戻りはします。これは仕方がないことなのです。色の後戻りには2つの理由があります。

(1)歯の表面に着色してくる・・・ホワイトニング後でも日常生活の中で、タバコ・お茶・コーヒー・醤油など着色性の強いものを摂取することで、徐々にエナメル質に有機着色物として沈殿していき、歯の色を黄色っぽく見せます。

(2)歯の再石灰化によりマスキング効果がなくなる・・・歯には軽度のむし歯を予防する「再石灰化」という自己修復作用があります。これによってホワイトニングで曇りガラス状になったエナメル質も、数か月でもとの状態に戻り、歯を白く見せているマスキング効果が消滅します。ホワイトニングで白くなった歯の白さを維持するためには、3ヶ月~6ヶ月毎のクリーニングやホワイトニングでメインテナンスしていく必要があります。また、ホワイトニング成分が入った歯磨き粉でしっかりと歯磨きをしていただくと、ホワイトニング効果が長持ちします。

Q6. ホワイトニングは痛くないの?
A6. 基本的には痛みはありません。ただし、歯に亀裂や破折などがある場合を除いてです。人によっては知覚過敏がでる場合がありますが、ほとんどの場合、数分~数時間でおさまります。

Q7. むし歯や差し歯だけど、ホワイトニングで白くできるの?
A7. むし歯の方はその治療が終わってからホワイトニングすることをおすすめします。差し歯の方は、残念ながらできません。クリーニングで表面の汚れを取ることはできますが、白い歯を望むのであればホワイトコートがおすすめです。

Q8. 歯の白さを奪う原因は?
A8. 子供のころはみんな、キラキラの白い歯をしていたはず。それが年齢を重ねるにつれて、どうしてくすんだり、黄ばんだりしてしまうのか。その理由は、加齢によって歯の表面のエナメル質が薄くなることで、その下にある象牙質が透けることで黄ばんで見える内的要因と、食べ物や飲み物によってつく外的要因があります。

コーヒーや紅茶、ウーロン茶などのお茶類、赤ワインなどの飲み物を習慣的にとっていると、その着色成分が少しずつ歯の表面にくっついて、歯の白さが失われていきます。また食べ物では、カレーやベリー類。もちろん喫煙も原因の一つ。皆さんの生活習慣が歯の色に影響しているのです。普通の歯みがきではなかなか落としにくいステインも、毎日のケア次第で改善することが出来ます。

Q9. ホワイトニングジェルは1本で何週間持ちますか?
A9. ホワイトニングジェルの使用量は、1つの歯に対して米粒大使用していただきます。歯の大きさや、少し染みるという方は1日おきの使用になったりと、何週間持つかは個人差があり、使用頻度によりますが、4本で約1カ月が目安です。

ホワイトコート Q&A

Q1. 「ホワイトコート」って何ですか?
A1. 歯の表面に光で固まる白いプラスチック剤を薄くコートすることで、ご自身の歯の色を隠し、希望の白さに変えることです。歯をより白くしたい人に最適です。
*歯に塗るジェルネイルのようなものです。

Q2. 色は選べますか?どのくらい白くできますか?
A2. 白さの異なる6白から選べます。鮮やかな白さの「コスメティックカラー」(3色)、自然な白さの「ナチュラルカラー」(3色)の計6色の中から、希望の色をご選択いただけます。好みの白さにすることができます。

Q3. 痛くないですか?歯を傷つけませんか?
A3. 刺激の強い薬剤ではないので、痛みはなく、安全です。また、歯を全く削らないので、歯を傷つけることもありません。

Q4. 歯や歯茎に悪くないですか?
A4. ホワイトコートは、むし歯の詰め物に使われている白い材料と同じ材質なので、繰り返し使用しても歯質を痛めません。万が一飲み込んだとしても、体に吸収されることなく、排出されます。

Q5. どんな人でもホワイトコートは可能ですか?
A5. 麻酔や薬効のある薬品は使用しませんが、妊娠中、授乳中の女性は万全を期すため、安定期以外は施術できません。

Q6. 変色の強い歯や、被せ物、差し歯も白くなりますか?
A6. ホワイトコートは、歯に色を塗るので、差し歯や銀歯もカバーできます。
ただし、歯と歯が当たってしまう部分や、かみ合う部分は塗ることができません。

Q7. ホワイトコートをした後に注意することはありますか?
A7. 着色性の強い嗜好品や食べ物、飲み物(タバコ、カレー、コーヒー、紅茶、赤ワインなど)の摂取は2,3日間は控えて下さい。

Q8. 歯磨きで、ホワイトコートがはがれることはありませんか?
A8. 歯ブラシや、糸ようじ、歯間ブラシなどでの歯の掃除ではがれることはありません。ただし、つまようじの使用はなるべく控えて下さい。

Q9. 一部がはがれてしまった場合はどうすればよいですか?
A9. 再塗布することは可能です。

Q10. 自分ではがすことはできますか?
A10. 無理矢理はがそうとすると、歯を痛めるか可能性があります。当院にて、専用器具を用いて丁寧にはがしてもらいましょう。

Q11. はがした後の歯の表面は汚くないですか?
A11. 歯の表面(エナメル質)はホワイトコートを塗布する前と同じ状態になります。

Q12. ホワイトコートを塗った歯はどのように見えますか?
A12. ホワイトコートを塗ると歯の表面がつるっとして、色も明度が高いマットな白さになります。そのため、お顔が明るく華やかに見えますし、写真映りも良くなります。
ウェデイングを控えた花嫁様にもぴったりです。また、メイク感覚で気軽にイメージチェンジできるので、男女問わず幅広いクライアント様から多数ご要望があります。

Q13. ホワイトコートはどれくらい持ちますか?
A13. ホワイトコートはずっと持つものではなく2ヶ月~3ヶ月程度の耐久性しかありません。塗布部位や生活習慣などにより個人差はあります。

Q14. 下の歯にも塗れますか?
A14. 上の歯と当たってしまう部分(下の歯の先端部分など)には塗れません。かみ合わせが変化してかみにくくなります。

Q15. 硬いものを食べても大丈夫?
A15. 硬い物を強くかむと、ホワイトコートの縁(ふち)の部分が欠けることがありますが、簡単に塗りなおせますので、万が一欠けて不都合が出た場合は相談してください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております